ペンキだけでも賃貸は生き返る

Hot Ranking
ペンキだけでも賃貸は生き返る

賃貸の直接契約は不安がある

賃貸物件には不動産会社の管理によるものもあれば、仲介を介して紹介から始まるものもあります。中には直接管理のため、不動産会社などの仲介を通さない場合もあります。何らかの形で家主の間に仲介が入る用になっている場合は、仲介業者が信用できるものであれば良いので、ネットで情報収集をして、信頼できるのであれば任せておけばスムーズに進むと思います。難お仲介もなく大家との直接契約は、不動産会社の仲介手数料が不要ですから、お得だと思っている人も多いのですが、素人判断による責任の所在意識が強く、住んでいる内に借り主が負担する必要のないことまで請求されることもあります。

入居前の傷み具合に対する善処や退去時において、借り主側がリフォームの負担すべき範囲という面で、大きなトラブルになり裁判沙汰になると言うこともあり得ます。できれば、賃貸物件そのものの管理事務所があったり、仲介により一緒に見学でのチェックから契約時の内容の確認までしてくれたりというサポートがあるのが、後々のためにも好ましいと思います。

Copyright (C)2017ペンキだけでも賃貸は生き返る.All rights reserved.